キャラクタープロデューサー

キャラクターマーケティング部

輿雅子

キャラクタープロデューサー

和を以て貴しとなす

CHAPTER 01:天命×使命

なんのために生まれて、
なにをして生きるのか?

幼い頃から、「生まれてきて良かったのか?」という漠然とした戸惑いと悲しみを抱き、自分を責め続けてきました。そんな日々でも、地球には、太陽の暖かさ、空の青さ、風の心地よさ、星の瞬き、木々の美しさ、動物の癒やし、人のぬくもり、優しさなど、「愛や喜び」がたくさんあることを知り、皆さんのおかげで、「私は生かされている」と感謝の気持ちで生きられるようになりました。その大切な居場所である地球に住む人間・動物・植物が、それぞれの持つ唯一無二のきらめきを輝かせ、互いに守りあい、慈しみあう世界を創造するために、みんなで手をつないで、それぞれの価値を提供し合う機会の創出のお手伝いをし続けたいです。特に、いつも私のそばにいて、癒やしや希望をくれるキャラクター達の持つ力で、地球や社会の悲しみを笑顔と喜びに変えていきたいと思っています。

CHAPTER 02:氏名×使命

きみの氏名に秘める
使命とは何ですか?

早産、未熟児として生まれ、命の危険があった私に、父が自分の名前の一部を与えてくれました。【輿】=お神輿は、神様が神輿に乗って、災厄や穢(けが)れを吸収して清めるための乗り物であり、【雅】の「雅楽」も神社で演奏されることから、私の使命は、神の視座や在り方に少しでも近づけるように、常に学び、魂を磨き、人間、動物や植物といった、【子】孫を残す全てに対して、尊敬と感謝の心を持ち、生かされた命を優雅に使っていきなさいという意味だと理解しています。

CHAPTER 03 使命×指針

なにが君の幸せで、
なにをして喜びますか?

ヒトや商品・サービスのきらめきを見つけて、輝かせることに幸せを感じます。その幸せをみんなの夢や叶えたいこと、得意なことと重ね合わせると、幸せの輪が大きくなり、その波紋が広がり、また誰かの幸せにつながる、そんな仕事ができることが喜びです。特に、キャラクター雑貨のオーナー店長としての経験、ファンの方たちの集うコミュニティ運営を通して、販売する側、お客様側それぞれの想いを知っています。その経験を活かし、あらゆる立場の方をつなぎ、商品・サービスを重ねて、独創的なアイディアと行動力を持って、新たな美しい価値をみんなと生み出します。

CHAPTER 04 指針×顧客

たとえ胸の傷が傷んでも
きみが守りたい顧客とは?

まずは家族です。家族の笑顔と幸せが、私の生きる勇気になっているからです。次に、これまでの私に愛を届けてくれた方、おひとりおひとりに恩返しがしたいと強く思っています。その先に、キャラクターに癒やしや勇気、希望を見出している方たち、そのキャラクターを生み出し、守り続けて下さっている方々のお手伝いをしたいです。

CHAPTER 05 顧客×価値

たとえ、どんな敵が相手でも
きみが提供する価値とは?

心に寄り添って、話を聴くことを大切にしています。皆それぞれ、違う価値観を持っているので、その価値観を、感謝と真っ白な心で理解しようとする姿勢で、諦めることなく、お話をうかがいます。大切にしている価値観を承認することで、そこから信頼が生まれ、より良い未来を共に創造できると信じているからです。

CHAPTER 06 価値×成果とは?

みんなの夢を守るために
きみが提供する成果とは?

関わってくださる方、キャラクター、みんなが幸せになるための機会の提案をすることです。何かの幸せのために、誰かが悲しんだり、諦めたり、我慢するのではなく、綺麗事かもしれませんが、みんなが幸せを感じられるところを見つける、あるいは作り出せる人になりたいと思います。自分でできることは、ほんの少しであることを忘れずに、みんなを信頼し、素直にお願いができる謙虚さを大切にします。

CHAPTER 07 成果×計画とは?

みんなと幸せをつなぐために
きみが考える計画とは?

キャラクターの持つ、世界観・ストーリーの力を商品・サービスと重ね合わせて、今までになかったアイディアを生み出し、美しさを追求しながら、みんなと地球や社会の課題を解決します。キャラクター達がみんなと手をつないで、愛を注ぐ姿に、多くの人が癒やされ、勇気と希望を持つ。この循環が続けば、自身の命が尽きた後でも、この地球が、安心と喜びと幸せに満ちた未来であり続けると思っています。

CHAPTER 08 一緒に働きたい人は?

われわれと一緒に働いてくれる
こんな人を募集しております。

キャラクターが好きで、キャラクターの持つ、それぞれの世界観を大切にしながら、地球や社会の課題を解決し、みんなと笑顔と喜びを創造していくことに、わくわくする方とご一緒したいです。おひとりひとりの持つ、唯一無二のきらめきを重ね合わせて、みんなで幸せをつないで行きたいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

TOP
TOP